抗がん剤治療について

9月13日(火)その3

抗がん剤治療の方針について説明を受けましたが
その場では調べようもないので、帰って調べました。

XELOX療法(ゼローダとオキサリプラチン併用)
基本的にはこの2つを基本方針として、
ゼローダ(内服)http://monolith-japan.com/medicine/502/
オキサリプラチン(点滴)http://monolith-japan.com/medicine/1390/
後は癌細胞の遺伝子などを調べて、
XELOX+BV療法(XELOX療法とベバシズマブ併用)
+アバスチン(点滴)http://www.anticancer-drug.net/molecular/bevacizumab.htm

上記のような抗がん剤治療を予定しているそうです。
2週間受けて、1週間休んでというサイクルで治療を受ける
ことになりそうです。

XELOX+BV療法(XELOX療法とベバシズマブ併用)の奏効率は71.9%
これは高確率と呼べるのか?
3割の人には効かないってことだよな・・


副作用の説明も受けましたが、出る人もいれば
出ない人もいる・・
ホントに出ない人なんているのか・・?
はっきり言って不安しかない・・

悪心、嘔吐、食欲不振は完全に高確率。
末梢神経障害に関しては100%の確率。

こんな結構重要な内容をあんな簡単に説明してたのか・・
ホントに患者をバカにした医者だな・・
担当変わってくれないかな・・
患者は医者を選べません。
お医者様はもう少しその辺を考えて診察してくれないかな・・
自分の家族がなっても同じように説明するのか?
はぁ・・

明日は当初の予定通り、PET CTの検査です。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-13 19:00 | 独り言 | Comments(0)