N資料2

11月4日(金)その2

N資料の細かな内容としては、

●徹底的な糖質制限はしてはいけないが、
精白された砂糖や、果糖ぶどう糖液などの
人工甘味料は全てカット。
食パンや白米を回避して、玄米パンや全粒粉、五穀米、
芋等の炭水化物を主流にする。

●ガン細胞を駆逐や抗がん作用を発揮する
免疫細胞を活性化させる、
ブロッコリー、リンゴの皮、キウイ(皮ごと)、きのこ類、海藻
を毎日食べる。

●塩分は無塩に近いものにする。

●カフェイン飲料を控える。お茶は茶から抽出したそば茶が
おススメ。ペットボトルのお茶は控える。

●動物性たんぱく質をカット。乳製品全般も×。
ただし白身魚(赤身は×)は摂取は可能。ただし半身程度。

●酵素が多く含まれる食品として、大根、人参がおススメ。
ちなみにキウイやリンゴにも酵素が多く含まれる。
体外から酵素を得ることにより消化酵素の消費量が
減少し、その分を代謝酵素に回すことが出来る。

●アミノ酸摂取はエビオス錠がおススメ。
サプリメントはエビオス錠だけにする。

●発がん性物質と云われる、マーガリン、ショートニング、
ファストスプレッド、亜鉛酸Na、ソルビンK、安息香酸、
グルタミン酸ナトリウム、タール色素は絶対避ける。
添加物は極力回避。

などなど・・
まだまだいっぱい書いてありますが、とにかく食事が
身体を作ると彼は力説していたので、食事を徹底的に
気を付けていきたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
[PR]
Commented by こぶた at 2016-11-14 00:10 x
この記事、参考にさせていただきます。
術後や抗がん剤治療中は、かなり気を付けていた食生活。
治療終了から2年も経って元気だと、ついつい調子付いて
食事が適当になってきました。
まだまだ経過観察中なのにね。
この記事を読んで、また気持ちを引き締める事が出来ました。
ありがとうございます。
Commented by sh7712301 at 2016-11-16 23:00
> こぶたさん
こんばんは。
この病気をしっかりと卒業出来るまで5年・・
ホントに長い戦いですよね。
私はまだ手術が出来ていないので、
とにかく食事が身体をつくると思うので
やれる限り続けていきたいと思います。
by sh7712301 | 2016-11-04 22:30 | 独り言 | Comments(2)