受け入れがたい・・・

11月7日(月)その4

担当医から腹膜播種の診断を受けて
今後その病院では化学療法をする治療しか
出来ないと言われ、今後は消化器内科の
先生に診てもらうことになります・・
と言われ、この後、消化器内科の先生の
診察を予約してあります。
と言われました。

ただ、腹膜播種と診断をしたCT画像は
前の病院で治療前に撮ったもので、それから2クール
抗がん剤治療をしたので、その結果をみてみたいと
担当医にお願いして、半ば無理矢理お願いして
改めて、急遽、CTと血液検査をしてもらいました。

貧血気味になってしまっていたので、
担当医は心配していましたが、なんだかこのまま
化学療法しかないというのが、どうしても受け入れる
ことが出来ない気がしたのと、抗がん剤治療をして
少しは効いて、新たなCTで腹膜播種がどのように
写るかもしっかりと診てもらいたい気持ちがありました。

CTを撮る前に点滴をして、血液検査の為に
注射をしましたが、いつも血が取れないなんてことは
あまりないのですが、貧血気味のせいなのか
看護婦さんが上手くなかったのか、2回失敗して
看護婦さんが交代して、無事にとることが出来ました。
注射針が太いせいなのか、いつになくめちゃめちゃ
痛かったです・・・

無事にCTを撮り終わり、改めて外科の先生に
診察をしてもらいましたが・・・
やはり診断は変わらず・・

ただ新たなCT画像を診ると、抗がん剤治療が
少なからず効果があるように見受けられるとの
ことらしいです。
血液検査の結果も、腫瘍マーカーの値が
治療前の半分以下になってるそうです。
腫瘍マーカーの値は、抗がん剤治療を始めた際は
比較的下がりやすいと聞いたことがあるので
一喜一憂はできませんが・・

ただやはり腹膜播種の所見が変わることはなく・・
この後、消化器内科の先生の診察を受けるほか
ないようです・・

なんでこんなことになっちゃうのかな・・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-07 23:10 | 独り言 | Comments(0)