退院後の診察

1月10日(火)

今日は退院後、初めての診察でした。
病院に着いて、診察前に血液検査、
CTを撮って、それからまず
外科医の先生の診察でした。

急激に腫瘍が広がってしまって
いないかなど、心配していましたが
CT画像を診ても問題は見受け
られないし、傷口の経過も良好で、
血液検査の結果も数値に異常も無く
腫瘍マーカーの値も全て
基準値以内に収まっている
という結果でした。

術後の経過は良好のようで、
とりあえずは安心することが
出来ました…

その後、腫瘍内科の先生の診察が
あり、そちらの先生からも経過は
順調と言われ、予定通り術後の
抗がん剤治療を開始しようという
ことになり、16日から始めることに
なりました。

最初は5-FU、オキサリプラチン、
アバスチンで開始して、その後
数値をみながら、イリノテカンを
入れていくそうです…
手術の際にポートを入れてもらって
いるので、入院はせずに通院で
治療を開始出来るので、安心です。

帰りに、外科医の先生に勧められた
MSI マイクロサテライト インスタビリティ
という遺伝子の検査の説明を受け
こちらの検査を受ける予約をして
帰りました。

来週から抗がん剤治療が開始になり、
副作用が非常に心配ですが…
避けては通れないので、
改めてまた頑張ります。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
Commented by ぺこ at 2017-01-18 01:52 x
以前から拝読しております。昨年末、夫を大腸癌肝転移にて亡くしました。
術後の体に抗がん剤治療、大変不安でお辛いことだとお察しいたします。
満量で挑んだ夫は四回目終了で力尽きました。
どうか、よく考えてください。薬は大変強いです。白衣の言いなりになっていてはいけません。チャレンジをしてはダメです。命がかかっているのですから。
どうか、あなたの細胞自身と共存できる道を見つけてほしいと心から思います。生き抜いてください。


by sh7712301 | 2017-01-10 22:00 | 独り言 | Comments(1)