カテゴリ:独り言( 195 )

大学病院を受診する3

9月9日(金)

前日の大学病院の治療方針を聞いて正直悩みましたが、
大学病院に入院して、抗がん剤治療を受けると決めて
父親と予約の時間の少し前に来ました。

少し待って中に呼ばれると、昨日と同じ説明を少し
父親に対してしてくれましたが、そこからは
昨日と少し様子が違う・・

先生「紹介状の内容を、その他の医師も含めカンファレンスをしました。
   仕事の融通等を考慮したり、住んでる場所も考慮すると
   うちの病院で治療を受けるよりも、仕事場も近くにあって、
   自宅近くの病院で治療を受けた方がいいのではないでしょうか?」

私 「どうしてですか?」

先生「この先、明確なことは言えない病気なので、仕事を辞めなければ
   ならないことになるかもしれないし、続けながらで大丈夫かも
   しれない・・。手術になってその後も仕事を休むことが多くなる
   ようになってしまうかもしれない・・
   とにかく不確定要素が多過ぎて、治療中心で考えると基盤のある
   勤務地のそばの方かいいのではないか?という提案です。」

しばしの沈黙・・・




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-09 12:00 | 独り言 | Comments(6)

大学病院を受診する2

9月8日(木) その2

大学病院側の診断としては、大腸の腫瘍も大きいし、
腸閉塞になったりするのも怖いので
早めに治療を受けることが望ましいと言って、
この大学病院で治療を受けるか、今働いているところの近くの病院で
治療を受けるかすぐに判断をして欲しいと言われました。

治療方針としては、リンパ節の腫れが大きいので、改めて検査してみないと
なんとも言えないが、今すぐ手術というわけにはいかず、
抗がん剤治療をして、リンパ節の腫れがひいたところで
手術をすることになると思います。とのことでした。

前の病院ではすぐに手術した方がいいと言われていたので
そのつもりで来ていたし、急に抗がん剤治療と言われて
すぐにはいと言えなかったし、父親とも相談したかったし
高校の同級生にももう少し相談したかったので・・
明日返事するようにお願いしました。

実家に戻って、高校の同級生に連絡して相談して
仕事から帰った父親とも相談して、やはり実家のそばの
大学病院で治療を受ける。すなわち抗がん剤治療を受けるという
選択をすることにしました。
次の日の病院には父親が付いてきてくれることになりました。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-08 19:30 | 独り言 | Comments(0)

大学病院を受診する

9月8日(木) その1

実家のそばの大学病院に紹介状を書いてもらっていたので
それを持って、朝から一般外来で受診しました。
母も一緒に聞きたいとのことだったので、付いてきてもらいました。

2時間以上待って、やっと呼ばれました。
予約を取っていないとやはり大学病院はこうなりますね・・

とりあえず、一般外来で受診していますので
先生の名前も診察室には書いておらず、
中に入って先生の自己紹介から始まりました。
年齢的にも若く見え、少し年下かな?という印象でした。

紹介状からCTのデータや、大腸内視鏡の写真を見ながら
手書きのイラストで、私と母親にわかりやすいように説明してくれました。

診察内容は、以前行った総合病院で聞いた内容とほぼ一緒で
かなり高い確率で大腸がんでリンパ節も腫れてしまっているので
転移も考えられます。といった内容でした。
母は医者から説明を受けて、改めてショックを受けてる様子でした。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-08 13:00 | 独り言 | Comments(0)

友達に相談してみる

9月7日(水) その2

母に伝える前に、しばらく連絡を取ってなかった
医療関係に従事している高校時代の同級生に連絡してみた・・
なんかこんな風になったからって連絡してるみたいで
気が引けたけど・・・

連絡した内容は、友達が大腸がんになったんだけど
どこの病院にかかるのがいいかな?みたいな感じで連絡しました。
久しぶりの連絡でいきなり自分が癌になったっていうのが
なんとなく嫌でした。

メールでやり取りしてるうちに、いよいよ自分なんだよね
って伝えると、そんな気がしたよ・・言われました。
久しぶりに連絡したら、やっぱり伝わっちゃうのかな・・

実は紹介してもらった実家のそばの大学病院でホントにいいのか
悩むところがあって、誰かに相談したいけど、出来る相手がいなくて・・

友達にこんなときばっかり急に相談してごめんと伝えると
こんな時にしか力になれないからいつでも頼ってくれ!
水くさいこと言うな!親友だろ!!
って言ってくれました。
友達の心の大きさに感謝し、ホントに良い友達がいて良かったと
心から思いました。

ひとまず大学病院で再検査して今後の治療方針が出るだろうから、
そっからまた相談しよう。こっちでも詳しい人達に聞いてみるよ
と言ってくれたので、ひとまず大学病院を受診することにしました。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-07 23:30 | 独り言 | Comments(0)

母に伝える

9月7日(水)

8日に実家のそばの大学病院に受診するために
7日に仕事が終わってから、実家に帰ってきました。

父には精密検査の前にメールを送ってから
その都度メールで結果を伝えていたので
内容は理解してくれていましたが、
母は精神的にあんまり強くないので、何も伝えて
いませんでした。

でもここまできたら、伝えない訳にはいかないので
このタイミングで伝えることにしました。

父が仕事から帰ってきたところで
母に話があると言って、これまでの経緯を伝えました。

手で顔を覆い、かなりうろたえてましたが、
泣き出すことはなかったので、良かったです。

しかし、40前にして結婚はしない、
孫は見せない、癌にはなる・・・
親不孝な息子だな・・となんだか悲しくなりました。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-07 23:10 | 独り言 | Comments(0)

大腸内視鏡検査 その後

9月6日(火) その3

大腸内視鏡検査の終わり際に先生から
私が独身であること、親が近くに住んでいないことを
考えると、家族にフォローしてもらえる実家のそばで
治療を受けた方がいいのではないか?という提案を
受けました。

実は、腫瘍が見つかった時点で昔からずっとお世話に
なっている内科の先生に相談していました。
その先生は私が喘息の既往歴があることなどを考慮して
手術などになるのであれば、実家のそばの大学病院で
治療を受けることを勧めてくれていました。

お二人の言葉もありましたし、実家のそばの
大学病院に紹介状を書いてもらうことを先生に
お願いすると、そうなるであろうと思って用意して
おきましたと言ってくれて、スムーズに話が進みました。

ただ病院同士の連携が取れる関係ではなかったので
予約を取ってもらうのは難しく、電話で向こうの病院に
確認してくれて、8日の木曜日に大腸チームがいるとの
ことだったので、普通に外来で受診することにしました。

こんなときは病院同士もっと横のつながりを
充実してくれればいいのにな~って思いました。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-06 19:30 | 独り言 | Comments(0)

大腸内視鏡検査 その2

9月6日(火) その2

午後一番で病院の用意してくれた検査着に着替えて
点滴を打って、検査台へ。
ケツを先生の方に向けて、肛門に薬を塗られて
カメラを入れます。
横向きから仰向けと態勢を変えながら、どんどん奥まで
進んでいきます。何ヶ所かホントに自分の腸を通ってると
感じられる瞬間もありながら、途中痛いところもありましたが
小腸に近い一番奥の盲腸付近までカメラがきました。

先生が画面を見せてくれましたが、腫瘍と思われるものが
目に見える大きさでわかりました。
先生からここから組織を取って生体検査をしますと
説明を受けて、一部を切り取りました。

そこから出口に戻りながら、その他の腸内に問題がないか
調べてくれましたが、特に問題はないらしい。
そこで検査はひとまず終了しました。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-06 18:30 | 独り言 | Comments(0)

大腸内視鏡検査 その1

9月6日(火) その1

昨日のCT検査を受けて、先生から大腸内視鏡検査を
受けるように言われ、次の日に早速受けました。

前日の夕食も消化の良いものを食べて、
夕食後30分後に下剤(マグコロールP)を飲んで
早めに寝ました。
明け方、激しい便意で何度か起きましたが・・

8時過ぎに着いて、9時ぐらいから15分おきに
腸洗浄液(ムーベン)を2Lを180mlづつ飲んで
腸内のものを完全に無くして、検査に備えます。
10回以上トイレに行って、説明書の写真通り
腸内は完全に空っぽになりました。

全部飲み終えて、午後一番で実際に大腸内視鏡検査です。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
f0374700_22491036.jpg

[PR]
by sh7712301 | 2016-09-06 18:00 | 独り言 | Comments(0)

CT検査の後

9月5日(月)

CT検査をして、写真から想像出来る最悪の状況の診断・・
おそらく「大腸がん」リンパ節まで転移しているかも・・

予想を遥かに超える告知とも言える宣告。
正直頭も真っ白。
まずなにからすればいいのか・・・
仕事は休んだが、半日で検査も終わり
明日の大腸内視鏡検査まで特になんの予定もない。

ただ夜は消化の良いものを食べろってことだったから
お粥かなにかを食べようとか考えながら、
家に向かって車を走らせてました。

なんとなく、これからのことを想像すると
食べたいものが食べれなくなっちゃうのかな・・?
とか色々考えてたら、今日ぐらいなんか良いもの
食べようってなって一人で鮨を食べに行った。

帰り道、近い将来を悲観して
すこし涙が出た・・



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
f0374700_23202114.jpg


[PR]
by sh7712301 | 2016-09-05 18:00 | 独り言 | Comments(0)

精密検査 結果

2016年9月5日(月) その2

診察室に呼ばれて、CTの検査結果の画面を見ながら
先生 「うーん・・」
   「あんまり良くないかな・・・」
私  「え?」
先生 「あくまで画像を見てだけの診断になっちゃうんだけど、
    画像から想像できることと、経験から想像できる
    診断としては、大腸がんの可能性が極めて高い・・
    しかも、リンパが腫れてしまっているように見えるから
    もしかするとリンパまで転移してるかもしれない・・」
私  「そうですか・・」
としかいうことが出来なかった。

先生 「でも、とりあえず、肝臓と肺には影が見えないから、
    ステージⅣまではいってないと思う。」

ステージって・・すでに立派な告知を受けたな・・・
ってのが率直な感想・・
目の前真っ暗・・これからどうしよ?

そこで先生が続けて、
先生 「癌は組織を取って、それを顕微鏡で調べるまで癌って
    はっきりと診断はできないんだよ。ただあんまり楽観的な
    ことは言いたくないから、現時点で考えられる最悪の 
    状況を説明させて頂いた。だから明日、大腸内視鏡の検査を
    して、組織を取って、しっかり調べましょう。」

と言われて、ここまで来て断る術はないので
翌日の大腸内視鏡の検査を受けることになりました。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-09-05 15:00 | 独り言 | Comments(0)