カテゴリ:独り言( 256 )

消化器内科での診察

11月7日(月)その5

血液検査やCTを撮ったことで、
予定よりもかなり遅くなってしまいましたが
消化器内科の先生が予定通りに診察を
して頂けるとのことだったので、
少し待って診察をして頂くことにしました。

腹膜播種の話を聞いて、気を失いそうに
なってから、それからの診察は
患者支援センターの看護婦さんが一緒に
聞いていてくれましたが、診察の待ち時間なども
今後のことなど、色々と相談に乗ってくれたり
したので、少しづつ落ち着くことが出来ました。

消化器内科の先生に呼ばれ、診察室に入ると
外科の先生とはまた違った感じで、
キリッとした感じの先生でした。

今後、この病院で治療を受けるのであれば
化学療法で延命・症状緩和の治療になるが、
確率は低いが、1~2%の確率で抗がん剤治療で
腫瘍が消えたという患者さんがいるということ・・
7%ぐらいの確率で、腫瘍が小さくなって
改めて手術を出来るようになった患者さんが
いるということ・・

こういった例があるからには、そこを目指して
化学療法をしていこうというお話でした。

もしこれから抗がん剤治療を行うのであれば、
もう少し効果が上がる可能性のある、
前回までとは違う、抗がん剤治療の提案を
受けました・・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-07 23:20 | 独り言 | Comments(4)

受け入れがたい・・・

11月7日(月)その4

担当医から腹膜播種の診断を受けて
今後その病院では化学療法をする治療しか
出来ないと言われ、今後は消化器内科の
先生に診てもらうことになります・・
と言われ、この後、消化器内科の先生の
診察を予約してあります。
と言われました。

ただ、腹膜播種と診断をしたCT画像は
前の病院で治療前に撮ったもので、それから2クール
抗がん剤治療をしたので、その結果をみてみたいと
担当医にお願いして、半ば無理矢理お願いして
改めて、急遽、CTと血液検査をしてもらいました。

貧血気味になってしまっていたので、
担当医は心配していましたが、なんだかこのまま
化学療法しかないというのが、どうしても受け入れる
ことが出来ない気がしたのと、抗がん剤治療をして
少しは効いて、新たなCTで腹膜播種がどのように
写るかもしっかりと診てもらいたい気持ちがありました。

CTを撮る前に点滴をして、血液検査の為に
注射をしましたが、いつも血が取れないなんてことは
あまりないのですが、貧血気味のせいなのか
看護婦さんが上手くなかったのか、2回失敗して
看護婦さんが交代して、無事にとることが出来ました。
注射針が太いせいなのか、いつになくめちゃめちゃ
痛かったです・・・

無事にCTを撮り終わり、改めて外科の先生に
診察をしてもらいましたが・・・
やはり診断は変わらず・・

ただ新たなCT画像を診ると、抗がん剤治療が
少なからず効果があるように見受けられるとの
ことらしいです。
血液検査の結果も、腫瘍マーカーの値が
治療前の半分以下になってるそうです。
腫瘍マーカーの値は、抗がん剤治療を始めた際は
比較的下がりやすいと聞いたことがあるので
一喜一憂はできませんが・・

ただやはり腹膜播種の所見が変わることはなく・・
この後、消化器内科の先生の診察を受けるほか
ないようです・・

なんでこんなことになっちゃうのかな・・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-07 23:10 | 独り言 | Comments(0)

切除不能・・・

11月7日(月)その3

少し落ち着いてから、
改めてお医者様の診断を聞いて、
腹膜播種と思われれるものが
おなかの下の方に2ヶ所・・
少し離れたところに米粒程度のものが
少し離れた所に2ヶ所・・
転院した病院のお医者様は
そのように診断したそうです。
それを受けて、出来る治療は
化学療法のみとのことです。

なぜ転院する前の病院では、
PETもやったりしていたのに
なぜそのような診断は出来なかったのか・・
それを聞いても、前の病院のことは
わからないと言われるだけです。

こちらの病院に来た方がより
良い治療を受けられると
前向きに考えて、すぐに転院を
決めて来たのに・・
転院初日からそんな診断か・・
と頭を抱えてしまいました。

病気について色々調べていなくはないので、
腹膜播種と聞いて、ステージで言えばⅣになり、
切除不能となれば末期と考えるべき
なのだろうと思いました。
一気に絶望感でいっぱいになりました。

そしてお医者様に余命について
聞いてみました・・・
正直それは答えたくないけれども・・
と前置きをして…
全て中央値で答えることになってしまうと
更に前置きをして
化学療法を行って、
あくまで中央値ですが2年~2年半。

化学療法もせず無治療にした場合
についても聞いてみると・・
こちらもあくまで中央値ですが・・
8ケ月・・

冷静に聞いてたつもりですが・・
命のリミットがはっきりと
見えてしまいました・・
あくまで中央値・・・
それより長いかもしれないし、
短いかもしれない・・
頭の中で色々なことがグルグル・・
俺死んじゃうのかな・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-07 23:00 | 独り言 | Comments(4)

告げられた事実

11月7日(火)その2

転院して初診の私に告げられた衝撃の事実は…

腹膜播種が見つかったいう事実でした…
転院前にかかっていた病院から
来たCTのデータを改めて細かく調べたところ、
腹膜播種と思われるものが数ヶ所
認められるということでした。
腹膜播種は原発よりもだいぶ遠くに
見受けられたので、それを受けて、
お医者様の診断は本格的に手術をすることは
出来ないということだそうです。

そして今後の治療方針のプリントを
見せて頂きました。

タイトル:
切除不能大腸がんに対する化学療法について
目的:
がんの増殖を抑えることによる延命、症状緩和

このように書いてあるプリントでした。

これを見て、だんだんと自分がハッキリと死が
近いところまできていると考えたときに、
目の前が徐々に真っ暗になり、
血の気が引いていくのがわかり、
身体中の力が抜けて来て、情けない話ですが、
生まれて初めて気絶しそうになりました。
軽い貧血状態になったと思うのですが、
心臓もバクバクしてかなり焦りました。

お医者様もそれを見て、看護婦さんを呼んで
血圧を測ったりしてもらい、5分程度目を閉じて
安静にしているとだいぶ落ち着いてきました。
辛うじて気絶しないで済みました。

深呼吸をしたりして、もう少し落ち着かせてから
更に詳しくお話を聞くことにしました。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-07 22:30 | 独り言 | Comments(0)

転院

11月7日(月)

前回セカンドオピニオンを受けて、
両親と相談したり
自分でじっくり考えて、
やはり今治療を受けている
病院の医師とは上手くコミュニケーションを
取れるとはどうしても考えられないかったので、
セカンドオピニオンを受けた病院に
転院することに決めました。

その選択が正しいのかどうかは
正直わかりませんが、
両親としっかり相談したし、
自分で決めたことなので
後悔しないように治療に臨みたいと思います。

前回セカンドオピニオンをしてくれた
優しい感じの先生が、
そのまま担当医になってくれました。

転院した初診の私を待っていたのは、
衝撃の事実でした。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-07 22:00 | 独り言 | Comments(0)

N資料3

11月4日(金)

N資料をもらってから、それを参考にして
出来る限り自分の食事を見直しています。

朝食
ふかしたサツマイモ
リンゴ
キウイ・・まだ皮は食べれません…
豆乳青汁
玄米粉ドリンク
f0374700_22552013.jpg


昼食
ふかしたサツマイモ
or
玄米粉を入れて炊いたご飯
納豆(大根おろし・海藻類・ネギを入れたもの)
味噌汁など

夕食
玄米粉ご飯
納豆(大根おろし・海藻類・ネギを入れたもの)
味噌汁
蒸し野菜
or

f0374700_22552173.jpg


以上のような食事をなにもない日は
食べています。
そして、朝晩食事後にエビオス錠も
飲むようにしています。
1回10錠って多くね!?って毎回思います・・
f0374700_22552370.jpg


スーパーでの買物にも気を使います。
添加物とか以上にチェックしてるし・・・
そして野菜が高い・・
でも身体の為なので出来る限り
続けていきたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-04 23:00 | 独り言 | Comments(5)

N資料2

11月4日(金)その2

N資料の細かな内容としては、

●徹底的な糖質制限はしてはいけないが、
精白された砂糖や、果糖ぶどう糖液などの
人工甘味料は全てカット。
食パンや白米を回避して、玄米パンや全粒粉、五穀米、
芋等の炭水化物を主流にする。

●ガン細胞を駆逐や抗がん作用を発揮する
免疫細胞を活性化させる、
ブロッコリー、リンゴの皮、キウイ(皮ごと)、きのこ類、海藻
を毎日食べる。

●塩分は無塩に近いものにする。

●カフェイン飲料を控える。お茶は茶から抽出したそば茶が
おススメ。ペットボトルのお茶は控える。

●動物性たんぱく質をカット。乳製品全般も×。
ただし白身魚(赤身は×)は摂取は可能。ただし半身程度。

●酵素が多く含まれる食品として、大根、人参がおススメ。
ちなみにキウイやリンゴにも酵素が多く含まれる。
体外から酵素を得ることにより消化酵素の消費量が
減少し、その分を代謝酵素に回すことが出来る。

●アミノ酸摂取はエビオス錠がおススメ。
サプリメントはエビオス錠だけにする。

●発がん性物質と云われる、マーガリン、ショートニング、
ファストスプレッド、亜鉛酸Na、ソルビンK、安息香酸、
グルタミン酸ナトリウム、タール色素は絶対避ける。
添加物は極力回避。

などなど・・
まだまだいっぱい書いてありますが、とにかく食事が
身体を作ると彼は力説していたので、食事を徹底的に
気を付けていきたいと思います。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-04 22:30 | 独り言 | Comments(2)

N資料

11月4日(金)その1

以前、みんなで集合した時に尊敬するぶっ飛んでる
友達が用意してくれた資料を勝手にN資料と
呼んでいます。
N資料ではガンは全ての人に発生している。
それを免疫細胞が撃滅している。
だから免疫力を上げて、ガンに負けない身体をつくる
といった内容です。

その資料には様々な禁止事項があって、
全部守ろうと思うとかなり厳しそうな気がしますが、
体質改善して、免疫力を上げる為に出来ることは
全てやりたいと考えています。

ただ、元々タバコも吸わない、お酒も飲まない、
太らないように、色々気を付けて生活していたので、
頑張れそうな気もします。
気を付けてた割にガンになりましたが・・

全てが正しいかはわかりませんが、
自分の為に、こんな資料を作ってきてくれることが
すごくありがたかったです。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-04 22:00 | 独り言 | Comments(0)

11月2日(水)

昨日の朝で、ゼローダの内服が終わりました。
前回の休薬期間同様に、美味いもんを食べに行こうと
考えてて、今回も行ってきました。

そして芸がないですが、前回と全く一緒の
ランチにお寿司!
f0374700_01521348.jpg

f0374700_01521436.jpg

晩飯にお好み焼き!
f0374700_01521543.jpg

芸が無くても、好きなもんは
好きだから仕方ない!
そして連休を取っていたので、次の日は
これも好きな食べ物の一つの
蕎麦を食べに出掛けました。

このお蕎麦屋さんは生のワサビをすりおろして
食べること出来るのと、とろろも付いてるし
結構ツボでした!
f0374700_01521624.jpg

f0374700_01521706.jpg

蕎麦湯も美味しく頂けました。
そして帰りにN資料に載っていた
そば茶を買って帰りました。
f0374700_01521807.jpg


やはり休薬期間は、体調も良いし、
ご飯が美味しく食べれるからいい感じです!
早く健康になりたい・・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-02 23:36 | 独り言 | Comments(0)

セカンドオピニオン3

11月1日(火)その3

後は抗がん剤治療の回数についてや
効果の確認は通常しないのか?など
疑問に思う事を、どんどん聞きました。

1つびっくりしたことは、
現在取り組んでる抗がん剤治療に
含まれている、アバスチンを投与すると
投与して、6週間は手術出来ないという
内容でした。その内容については
初耳だったので…
そういった内容も正直伝えて欲しかったです。
自分の1番の希望が早く手術がしたいと
考えていたからです。

今回、お医者様に言われて1番
印象に残ってるのことは、大腸がんは
腫瘍を切ってしまわないと、
完治することはないということ…
その為にどのように治療していくかを
しっかりと決めていくこと。
これがすごく重要になってくるということ。
だから病院やお医者様とのコミュニケーションが
すごく重要になってくると改めて
感じさせられました。

セカンドオピニオンを終えて、
次回の抗がん剤治療の
第3クールまで時間があまりありませんが、
家族に相談などをしっかりして、
転院も視野に入れて真剣に
考えたいという結論に至りました・・・


セカンドオピニオンを受けるか
お悩みの方がいらっしゃいましたら
是非1度受けてみた方がいいと思います。
金額的に安くはないかもしれませんが、
ご自身の身体の為にも、
最良の治療方針に出逢える可能性が
上がると思います。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-11-01 18:20 | 独り言 | Comments(6)