無事に退院できました!

12月28日(水)

本当は昨日の27日に退院の許可が出て、
退院する予定でしたが、親がどうしても
迎えに来れなくなってしまったので、
1日入院が伸びてしまいました。

午前中で退院予定でしたが、退院の際に
もらう予定の痛み止めの薬が、
手違いで用意されておらず
予定よりも遅くなってしまいましたが、
無事に精算して退院致しました。
来月のカードの支払いが恐怖です・・・

結局、予定よりも数日早く緊急入院して、
13日間の入院生活でした。
手術はかなり不安でビビッてましたが、
無事に成功して頂いて、術後も順調に回復し
かなり動けるようになりました。
執刀医の先生には本当に感謝です。

入院中は両親や相方、友達が何度も
お見舞いに来てくれ、
会社の上司も心配して来てくれたりと、
本当にありがたかったです。

入院中、不安で押しつぶされそうになって、
夜も眠れなかったりしましたが、
相方の励ましもあってなんとか
乗り越えられました。

手術は終わりましたが、
やっとスタートラインに立てただけ
だと思うので、来月から始まる抗がん剤治療も、
副作用等不安がつきませんがなんとか
頑張ろうと思います!

年末年始は実家でのんびりと過ごす予定です。
そんな正月は何年振りだろうという感じですが、
しっかりと静養したいと思います。

皆さま、よいお年をお迎えください。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-28 22:00 | 独り言 | Comments(0)

腫瘍内科の先生の診察

12月26日(月)その2

栄養士の食事指導の後に腫瘍内科の先生の診察が
入っていたので、それも両親と3人で聞きました。

手術の際に、右胸にポートを入れる手術も
一緒にして頂いているので、来月以降で術後の
回復次第で抗がん剤治療を開始する予定に
なっていましたので
それに向けての最初の説明を受けました。

話を聞いて、正直な感想は
手術をしてくれた外科医の
先生とは全く違うといった感じで、
冷や水を浴びせされた
ような感覚になりました。

外科医の先生との共通の認識は、
目に見えるガンを手術で
全て取って、残りの目に見えない
ガンに対抗するために
抗がん剤治療をするということでした。

しかし、腫瘍内科の先生は、手術を先にしても、
抗がん剤を先にやっても結果は一緒ですと・・・
手術をしたからと言って状況が良くなってると
思わないで下さいぐらいの感じでした・・

外科医の先生と言ってることが全然違う・・・

実際に開腹してみたお腹の中の
状況を詳しく聞いて
想像よりも腹膜播種は進んでいて、
厳しい状況なのは
充分理解してるつもりだったし、
もちろん、手術をしたから治る
なんて思ってなかったのに・・

これから頑張ろうって考えてる患者に対して
投げかける言葉なのかな・・
とか考えてしまいました。
この先生で納得いく治療を
受けられるのだろうか・・
正直不安になってしまいました・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-26 22:30 | 独り言 | Comments(0)

術後は順調に回復

12月26日(月)その1

痛みもだいぶ落ち着いてきて、
硬膜外麻酔も午前中で外してもらいました。
ついに点滴も全て外れ、移動が楽になりました。

そして傷口の抜糸もやってもらいました。
抜糸といっても、ホッチキスを外す作業ですが・・
何ヶ所かは地味に痛かったです・・

ここ数日間で、だいぶ歩けるようになり
リハビリと称して、病院内を結構歩きました。

食事も重湯から五分粥までなり、色々なメニューも
出てきて、もうこんなに食べていいのか・・と
驚かされました。

午後から、まず栄養士の方の栄養指導があって、
両親と3人で聞きました。
しばらくは消化の良いものを食べて、徐々に
普通食に移行していくという説明で、
基本的にバランスの取れた栄養のある食事を
取っていくように言われました。
退院後しばらくは実家にいる予定なので、
母が色々と確認してくれていました。

がん治療でよく聞くような食事療法のことも
少し聞いてみましたが、栄養士の方には
そのような知識は無く、とにかく栄養のバランスの
取れた食事をするようにという話だけだったので
正直、少し期待外れでした・・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-26 22:00 | 独り言 | Comments(0)

もう歩かされます…

12月22日(木)

術後3日目…
やはり相変わらず痛みます…
調整した硬膜外麻酔がやっぱり効きが
悪い気がします…

そのことを看護婦さんに伝えると
しばらくすると麻酔科の先生達が
来てくれました。
最後にもう一度調整してみて、
これでダメなら、別の麻酔方法を
考えると言われ、横向きになり
改めて調整してもらいました。

しばらくすると、痛みが少しづつ
和らいできた気がします。
この硬膜外麻酔はボタンが付いていて
痛みでしんどい時などは、自分で
ボタンを押して、麻酔を増やすことが
出来ます。昨日までは結構押して
ましたが、これで痛みは少し落ち着き
そうな気がします。

そして、今日から歩くように言われて
います。看護婦さん付き添われて
少し歩き始めましたが…
傷は痛むし、全然自分の身体じゃ
ないみたい…
200mぐらい歩きましたが…
めっちゃしんどい…
初日なので、それぐらいで終わりに
してもらいましたが、すごく疲れました。

それから、本日から食事が始まり
重湯…飲み物みたいな食べ物ばかり…
でも、昨日まではほぼ動けなかったのに
歩いたり、食事が始まったり…
人間の回復力ってすごいな…


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-22 22:00 | 独り言 | Comments(1)

少し動けるように…

12月21日(水)

術後2日目…
目を覚ますと、まだまだ相当痛みは
ありますが、少しだけ動けるように
なってます。

まず携帯を探して、確認すると…
手術の心配をしてくれている方々から
大量のLINEが…

ただ、まだまともに寝返りもうてる
状況ではないので、返信も全然進みません…

痛みが強く、看護婦さんにそのことを
伝えると、麻酔の効きを何度もチェック
して、硬膜外麻酔が左右対称に上手く
効いてないんじゃないかという話に
なりました…
確かに左のもも辺りは痺れているけど
右足は全然痺れてない…って感じでした。

相談の結果、背中に入ってる管を
微妙に入りを調整して、麻酔の効きの
調整をすることになりました。

寝返りをうつのがホントにしんどいので
背中の管の調整も結構辛かった…

調整後…
少し効きが良くなった気がします…

色々とやってると…
術後に連絡が無いので、相方が我慢
しきれず、駆けつけてくれました…
早く連絡してあげられなくて
ホントに申し訳なかった…

午後には同じように、連絡出来なかったので、
親友も心配で様子を見に来てくれました。

みんなに心配掛けて申し訳ない…
心配してくれるみんなに感謝です…


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-21 23:00 | 独り言 | Comments(0)

とりあえず無事終了…?

12月20日(火)

術後の目覚めはハッキリとあんまり
覚えてなくて…

手術前にいなかった妹も来てくれて
いたように覚えています。
両親と妹が色々と話しかけてくれてたと
思いますが、聞こえてはいましたが
反応は出来なかったです…
そのまま眠りについてしまいました。

次の日、ベットで目を覚ますと
かなりの激痛…
寝返りもうてない状況…
どこかで携帯がバイブしてる…
でも、それを探せる状況ではないです…

もうどこが痛いかわからないぐらいで
ベット上でほとんど動けない状況です。

執刀医の先生が様子を見に来てくれて、
無事に終わりましたから。
目に見える範囲で取れるものは全て
取りましたから。と言ってくれました。
一応、一安心しました…
細かい説明は後日になるのでしょうが…

後は1日中、ベット上で痛みをこらえて
あんまり動けず…
夜になり、そのまま眠ることになりました…


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-21 22:30 | 独り言 | Comments(0)

いよいよ手術…

12月19日(月)

いよいよ手術当日です。
手術は12時30分〜の予定で、
自分で手術室まで歩いていきます。

朝から検温などは全く問題なく、
手術は予定通りです。
正直緊張しています。

予定では原発部の腸の右側の
盲腸の辺り約40㎝の切除と
腫れてしまっているリンパ節の切除、
更に目に見える範囲の腹膜播種の切除
をする予定です。
手術時間は4〜6時間の開腹手術です。

それはあくまで予定で、開けてみないと
状況がわからないところがあるので
なんとも言えませんが…

すると午前中に、また違う高校の同級生が
術前に会っときたいとお見舞いに
来てくれました。帰り際にみんなに
握手をしてもらって、パワーを
もらいました!

予定の時刻に近づき、術着に着替えて
両親と手術室に向かいました…
手術の入口で説明を受け、いよいよと
なったので、両親とも握手をして
パワーをもらって、手術台に向かいました。

手術台に寝て、様々な機械を繋がれて
背中を丸めて、硬膜外麻酔の管を通されて
酸素マスクを掛けられて、
ここから約15秒程度…
心の中で手術の成功を強く願い…

術前の記憶はここまでです…


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-21 22:00 | 独り言 | Comments(0)

手術前

12月18日(日)

16日に入院してから、絶食点滴生活で
体調は安定しています。
お医者様達から19日に予定通り手術できる
と言われて、一安心しています。

入院して、すぐに相方がお見舞いに
来てくれました。
かなり心配した様子で、いつも心配
ばっかり掛けてしまっているので、
申し訳なく思いました。

相方は少し早いけどと、サプライズで
ずっと欲しかったリュックを
クリスマスプレゼントと言って、
持って来てくれました…
めっちゃ嬉しかったです✨✨
大事に使います!

それから、術後だと体調もどうか
わからないからと、高校の同級生夫婦も
急遽お見舞いに来てくれて、
懐かしい話で盛り上がりました。

ロビーで話してると、今度は
先日ツーリングに行った親友も
術前の方がいいだろうからと
急遽お見舞いに来てくれました。

しかしホントに友達思いの
いいヤツらに囲まれていて、
ホントにありがたいです‼︎

みんなからパワーもらったんで、
明日の手術、頑張ります‼︎


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-18 23:00 | 独り言 | Comments(0)

救急外来

12月16日(金)

ほとんど寝れずに、トイレとベッドを
往復して…
痛みのサイクルの時間がどんどん
短くなってくる…
夜中の3時を過ぎたぐらいに、
遂にトイレの前で悶絶してKOです…

親を呼んで、もう耐えられないし、
限界だから病院に連れてってくれと
お願いしました…

そこから、車で入院予定の病院まで
連れていってもらいました。
救急外来の窓口で受付を済ませましたが、
診てもらえるまで30分以上掛かって…
ホントに地獄のような時間でした…

診察が始まって、レントゲン、CTを
撮って、診断は腸閉塞寸前…ほとんど
塞がってる状況とのこと…
そこから痛み止めの点滴を打ってもらうと
少し落ち着いて来ました…

そのまま点滴を続けて、午前中の先生の
診察時間中に落ち着いてきたから、
帰ってもいいかと確認すると、また同じ
ようになるといけないから、このまま
入院して下さいと言われました…
予定より2日前に緊急入院となりました…

手術日まで、絶食して、点滴で体調を
整えていきますと言われました…
術後まで考えると5日間の絶食か…


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-16 21:00 | 独り言 | Comments(0)

体調不良…

12月15日(木)

予定通り仕事をこなして、家に帰って
入院の準備などをして、そこから
実家に帰りました。

実はここ数日ひどく体調が悪くて、
まともにご飯が食べられない日が
続いてました。食べるとすぐに
消化不良になってしまって…
食欲もほとんどありませんでした…

実家に戻って、23時ぐらいに
少しだけご飯を食べましたが、
やっぱりあんまり入っていかず…

入院まで後2日間、なんとか安静にして、
無事に入院出来るようにと、すぐに
横になりました…

横になってしばらくすると、
腹痛が始まって…思いっきり腸を
握りつぶされてるような痛みが…
何度トイレに行っても出ない…
とんでもなくしんどい…


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2016-12-16 20:00 | 独り言 | Comments(0)