今後の治療方針

11月7日(月)その6

消化器内科の先生の抗がん剤治療の提案は、
前回2クール行った
カペシタビン+オキサリプラチン+ベバシズマブ
この組み合わせを続けていくのが1案。

もう一案は、副作用は強くなってしまうが
1案よりも効果が期待できる確率の上がる
5-FU/ロイコボリン+オキサリプラチン
+イリノテカン+ベバシズマブ
という組み合わせの抗がん剤治療。

治療法としては、2週間に1回で48時間の点滴。
鎖骨辺りにポートを埋め込んでの治療になる。
これは他の方のブログなどでお見かけしたことが
あるので、なんとなくは知っていました。
強い薬なので、
期間は4ヶ月~6ヶ月(8クール~12クール)

副作用は、悪心・下痢・食欲減退・倦怠感
痺れ・アレルギー・白血球減少・赤血球減少
誰もが抱く抗がん剤治療の
副作用のオンパレード・・
そして前の抗がん剤では出なかった
1番恐れていた脱毛・・
これが高い確率で出るとのこと・・

会社では一部の方にしか病気のことは伝えずに
仕事を続けていて、更に接客業なので、
容姿が変わってしまうことに
すごく恐怖を感じていましたが
遂に避けられないところまで
来てしまったなと・・

お医者様にこちらの強い抗がん剤治療を行うと
どれぐらいの効果が得られるか聞いてみると・・
1案が奏効率が50%ぐらいだとすると、
提案した治療は65%ぐらいです。
と仰られました。

それを聞いた私の正直な感想は・・
そんなに副作用が強まったりして
辛い思いをするのに
15%しか上がらないのか・・・でした。
正直、すぐにやります!という気持ちには
なりませんでした・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-07 23:25 | 独り言 | Comments(0)

消化器内科での診察

11月7日(月)その5

血液検査やCTを撮ったことで、
予定よりもかなり遅くなってしまいましたが
消化器内科の先生が予定通りに診察を
して頂けるとのことだったので、
少し待って診察をして頂くことにしました。

腹膜播種の話を聞いて、気を失いそうに
なってから、それからの診察は
患者支援センターの看護婦さんが一緒に
聞いていてくれましたが、診察の待ち時間なども
今後のことなど、色々と相談に乗ってくれたり
したので、少しづつ落ち着くことが出来ました。

消化器内科の先生に呼ばれ、診察室に入ると
外科の先生とはまた違った感じで、
キリッとした感じの先生でした。

今後、この病院で治療を受けるのであれば
化学療法で延命・症状緩和の治療になるが、
確率は低いが、1~2%の確率で抗がん剤治療で
腫瘍が消えたという患者さんがいるということ・・
7%ぐらいの確率で、腫瘍が小さくなって
改めて手術を出来るようになった患者さんが
いるということ・・

こういった例があるからには、そこを目指して
化学療法をしていこうというお話でした。

もしこれから抗がん剤治療を行うのであれば、
もう少し効果が上がる可能性のある、
前回までとは違う、抗がん剤治療の提案を
受けました・・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-07 23:20 | 独り言 | Comments(4)

受け入れがたい・・・

11月7日(月)その4

担当医から腹膜播種の診断を受けて
今後その病院では化学療法をする治療しか
出来ないと言われ、今後は消化器内科の
先生に診てもらうことになります・・
と言われ、この後、消化器内科の先生の
診察を予約してあります。
と言われました。

ただ、腹膜播種と診断をしたCT画像は
前の病院で治療前に撮ったもので、それから2クール
抗がん剤治療をしたので、その結果をみてみたいと
担当医にお願いして、半ば無理矢理お願いして
改めて、急遽、CTと血液検査をしてもらいました。

貧血気味になってしまっていたので、
担当医は心配していましたが、なんだかこのまま
化学療法しかないというのが、どうしても受け入れる
ことが出来ない気がしたのと、抗がん剤治療をして
少しは効いて、新たなCTで腹膜播種がどのように
写るかもしっかりと診てもらいたい気持ちがありました。

CTを撮る前に点滴をして、血液検査の為に
注射をしましたが、いつも血が取れないなんてことは
あまりないのですが、貧血気味のせいなのか
看護婦さんが上手くなかったのか、2回失敗して
看護婦さんが交代して、無事にとることが出来ました。
注射針が太いせいなのか、いつになくめちゃめちゃ
痛かったです・・・

無事にCTを撮り終わり、改めて外科の先生に
診察をしてもらいましたが・・・
やはり診断は変わらず・・

ただ新たなCT画像を診ると、抗がん剤治療が
少なからず効果があるように見受けられるとの
ことらしいです。
血液検査の結果も、腫瘍マーカーの値が
治療前の半分以下になってるそうです。
腫瘍マーカーの値は、抗がん剤治療を始めた際は
比較的下がりやすいと聞いたことがあるので
一喜一憂はできませんが・・

ただやはり腹膜播種の所見が変わることはなく・・
この後、消化器内科の先生の診察を受けるほか
ないようです・・

なんでこんなことになっちゃうのかな・・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-07 23:10 | 独り言 | Comments(0)

切除不能・・・

11月7日(月)その3

少し落ち着いてから、
改めてお医者様の診断を聞いて、
腹膜播種と思われれるものが
おなかの下の方に2ヶ所・・
少し離れたところに米粒程度のものが
少し離れた所に2ヶ所・・
転院した病院のお医者様は
そのように診断したそうです。
それを受けて、出来る治療は
化学療法のみとのことです。

なぜ転院する前の病院では、
PETもやったりしていたのに
なぜそのような診断は出来なかったのか・・
それを聞いても、前の病院のことは
わからないと言われるだけです。

こちらの病院に来た方がより
良い治療を受けられると
前向きに考えて、すぐに転院を
決めて来たのに・・
転院初日からそんな診断か・・
と頭を抱えてしまいました。

病気について色々調べていなくはないので、
腹膜播種と聞いて、ステージで言えばⅣになり、
切除不能となれば末期と考えるべき
なのだろうと思いました。
一気に絶望感でいっぱいになりました。

そしてお医者様に余命について
聞いてみました・・・
正直それは答えたくないけれども・・
と前置きをして…
全て中央値で答えることになってしまうと
更に前置きをして
化学療法を行って、
あくまで中央値ですが2年~2年半。

化学療法もせず無治療にした場合
についても聞いてみると・・
こちらもあくまで中央値ですが・・
8ケ月・・

冷静に聞いてたつもりですが・・
命のリミットがはっきりと
見えてしまいました・・
あくまで中央値・・・
それより長いかもしれないし、
短いかもしれない・・
頭の中で色々なことがグルグル・・
俺死んじゃうのかな・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-07 23:00 | 独り言 | Comments(4)

告げられた事実

11月7日(火)その2

転院して初診の私に告げられた衝撃の事実は…

腹膜播種が見つかったいう事実でした…
転院前にかかっていた病院から
来たCTのデータを改めて細かく調べたところ、
腹膜播種と思われるものが数ヶ所
認められるということでした。
腹膜播種は原発よりもだいぶ遠くに
見受けられたので、それを受けて、
お医者様の診断は本格的に手術をすることは
出来ないということだそうです。

そして今後の治療方針のプリントを
見せて頂きました。

タイトル:
切除不能大腸がんに対する化学療法について
目的:
がんの増殖を抑えることによる延命、症状緩和

このように書いてあるプリントでした。

これを見て、だんだんと自分がハッキリと死が
近いところまできていると考えたときに、
目の前が徐々に真っ暗になり、
血の気が引いていくのがわかり、
身体中の力が抜けて来て、情けない話ですが、
生まれて初めて気絶しそうになりました。
軽い貧血状態になったと思うのですが、
心臓もバクバクしてかなり焦りました。

お医者様もそれを見て、看護婦さんを呼んで
血圧を測ったりしてもらい、5分程度目を閉じて
安静にしているとだいぶ落ち着いてきました。
辛うじて気絶しないで済みました。

深呼吸をしたりして、もう少し落ち着かせてから
更に詳しくお話を聞くことにしました。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-07 22:30 | 独り言 | Comments(0)