第一人者の診察1

11月26日(土)その1

今日は、先日なんとか予約を入れてもらった
腹膜播種で検索すれば、必ず行きつく先生の
診察の日です。
父も一緒に話を聞きたいということだったので
電車で来てもらって、合流して病院に向かいました。

待合所には沢山の人がいて、皆さん同じように
腹膜播種で悩んでる人達なのかな・・
という感じの方が多かったです。

やはり無理矢理予約を入れてもらったせいか
一番最後の診察のようで、2時間以上待って、
やっと呼ばれました。

中に入って、診察が始まると
紹介状のCT画像を画面等で見ることはなく、
紹介状のコピーのような診断書を見て、
腹膜転移だね~と。

あぁ、改めて画像見たりしないのか・・
となんとなく違和感を覚えていると
前の病院だと抗がん剤治療だけって
言われたでしょ?と。
そう言われましたと伝えると、
抗がん剤治療だけは治ることはないから、
この治療をやれば治る可能性が大きく上がると
言って、なにか英語の論文を見せられました。
イギリスでは16%治ると言われていると・・

先生達はこの治療に20年取り組んできて
海外でどんどん認められてきていると・・

日本では腹膜播種が見つかったら、
消化器内科に回されて、何種類か抗がん剤治療を
して、その後緩和病棟行きだわと言われました。
まさに先日、病院で味わった状況でした・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-26 22:20 | 独り言 | Comments(0)

お休みにお出掛け

11月25日(金)

休みの日も、家にいると病気のことばかり
考えてしまうので、せっかくの休みなので
相方と出掛けることにしました。

まずは相方が調べてくれた自然食の
カフェにランチへ。
近くの農園で取れた無農薬の野菜をふんだんに
使ったヘルシーなランチで、
メインを肉と魚から選べるので、
自分が魚で、相方は肉を注文しました。
f0374700_01372113.jpg

f0374700_01372109.jpg

野菜も美味しくて、食べごたえがあって
味付けも優しく美味しくて、満足でした!
帰りにランチでも食べた、十穀米のもとを
買ってきました。

そこから、紅葉を見に行くことにしました。
季節的にギリギリな感じでしたが、
ライトアップされた紅葉が綺麗で
なんだか癒されました~
f0374700_01372282.jpg

f0374700_01372390.jpg


更に足を伸ばして、イルミネーションを
観に行きました。
f0374700_01372420.jpg

少し寒かったけど、すごく綺麗で
行って良かったです!
やっぱり出掛けてる間は、
病気のこともあんまり考えないし、
こういう時間も大事だな・・
って改めて思いました。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-25 22:30 | 独り言 | Comments(0)

嬉しい頂き物

11月22日(火)

病気がわかってから、色々あって
周りの友達にも徐々に伝えていくようになって
食事に気を付けてることを知った友達から
色々な嬉しいものを沢山頂いてきました。

青森出身の友達からはりんご。
りんごは毎朝食べるようにしてるので
ホントにありがたい!
f0374700_01170979.jpg


また違う友達もりんごをくれた。
微妙に時期がずれてくれたおかげで
腐らせずに済んで良かった・・
しかしホントにありがたい!
f0374700_01171023.jpg


とんでもなく高くて、甘くて有名な
みかんをくれたり・・
f0374700_01171145.jpg


自分で色々調べて、豆乳がいいんじゃないか?
ってことで無調整豆乳を箱買いして
勝ってきてくれたり、
どくだみ茶がいいらしいと言って
お茶を買ってきてくれたり、
玄米がいいらしいと、お米をくれたり、

仕事が料理関係の友達は、
調味料を入れずに、無添加のスープを
大量に作って、冷凍して用意してくれたり・・


とにかく病気になって、周りの友達の
優しさやありがたみを改めて何度も
感じさせられて・・

そんな風にしてくれる友達の為にも
諦めずに絶対病気を克服して、
みんなに恩返しをしていきたいと
思ってます!
みんなホントにありがとう‼︎


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-22 22:00 | 独り言 | Comments(0)

治療方針について3

11月15日(火)その3

それから、消化器外科の先生の予約も取ってくれて
あって、外科の先生の説明を改めて受けました。

外科の先生は、セカンドオピニオンで受診した時とは
全く様子が違って、腹膜播種が見つかった以上は
私達外科はもう何も出来ません・・
みたいなスタンスなのを態度でありありと感じて、
すごく嫌な気分になりました。

化学療法で手術までいける可能性は7%ぐらい
あるんですよね?と聞くと・・
それは消化器内科の先生が勝手に言ってるだけで、
私が言ってる数字ではないので、わかりませんが・・
みたいな、とにかく私関係ありませんみたいな
態度で正直イラっとしましたが・・

その外科の先生にも、今月末にY先生の診察を
受けることを伝えると、また同じような反応で、
苦笑いで、うーん・・・といった感じでした。

その外科の先生は、そちらに行くのでしたら、
国立国際医療研究センター病院を受診したら
どうですか?と言ってきました・・
そこの病院も今、腹膜播種の治療に力を
入れているみたいなので・・と・・

自分のとこではもう手術が出来ない、
化学療法で延命治療しか出来ない・・
と言っているのに、他の病院を勧めるのか・・
と少し呆れてしまいましたが・・

なぜ、苦笑いであまりお勧めしないと仰るのかと
ストレートに聞いてみると・・
そんなに良い治療だったら、とっくに標準治療に
なっているでしょう?との返答・・

個人的に聞いてみたかった、腹膜播種があっても
腸閉塞が怖いから、原発部分だけでも切除して
もらえないのか?という質問にも・・
苦笑いで、やれませんね~と・・

手術にいけるとすれば、抗がん剤治療が効果があって、
腹膜播種が完全に消えたとして、2年後とかですかね~
って・・
あなたが前回伝えた余命と変わんねーじゃねーかよ・・

あぁ、この人、本気で手術する気なんてないんだな・・
とヒシヒシと感じました。
それで外科の先生の診察は終わりました。


帰り道、父親と色々話しましたが、
やはり抗がん剤治療には反対みたいで・・
後は外科の先生のヤル気のなさに腹が立ったと
言ってました。

月末のY先生の診察も一緒に聞きたいと言うので
一緒に行ってもらうことにしました。
2人の医師が同じような反応だったのが気になるね・・
と父とも話ましたが、とにかく月末に診察を
受けてから考えようということになりました。

家に戻って、母にも報告して色々話をして
しばらくして、両親は帰ると言い出して、
電車で帰って行きました・・

ホントに迷惑ばかり掛けてるなぁ・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-15 23:00 | 独り言 | Comments(3)

治療方針について2

11月15日(火)その2

その後も消化器内科の先生の説明を聞くと
前回も説明を受けた通り、
抗がん剤治療で全てのガンが消える
可能性1%程度・・・
腹膜播種が無くなって、手術までいける
可能性7%程度・・・

ステージⅣの5年生存率・・確か16%程度・・
可能性だけ聞いてたら悲観的になるしかない
数字のオンパレード・・

そういった数字を提示されて、今後の治療はどうしますか?
と聞かれたので、11月の終わりにY先生の診察を
受けてから考えたいと伝えると・・
その医師の名前を出すと、苦笑いで、あの先生の
治療を受けるんですか?と・・

まぁどの治療を受けるか選ぶのはご自身ですが
正直、お勧めはしないと言われました・・

苦笑いには一体どんな意味があるんだろう・・と
疑問に思いましたが、消化器内科の先生は
そちらの診察を受けた上で、
ご自身でしっかりと治療方針を
決めて下さいと言われ、次回、12月5日の予約を
入れてもらって、消化器内科の診察が終わりました。


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-11-15 22:30 | 独り言 | Comments(0)