大学病院を受診する5

9月9日(金) その3

一気に話が進んで、いくつかの検査を受けることになって
まず血液検査、呼吸器検査(喘息の既往歴があるため)、
腹部レントゲン、改めて造影剤CT・・
結局全て再検査になるんだから、前の総合病院の検査って
無駄だよな・・とか感じながら順調に検査を受けて・・

最後のCTで・・
こっから・・混んでるらしく・・
3時間待ち・・
地獄です・・

待合室で待たせてる親父にはホントに悪いことしたなと・・

3時間待って5分でCT終了。

そっから診察までまた待って、そっから改めて診察。

血液検査も呼吸器検査も問題なし。
CTの結果も前回の総合病院で撮ったときから変化無し。
肝臓にも肺にも転移無し・・・
とりあえず、ホッとした。

でも、リンパがひどく腫れているのは変わらないから
すぐに手術という訳にはいかず、やはり抗がん剤治療で
小さくしてから手術して取るという治療方針でいくことに
決まりました。

とりあえず、来週13日(火)に大腸の専門医の先生に受診してm、
14日(水)にPET CTの検査をやるということになって、
今日の1日掛かりの診察が終了しました。

親父はそっから急遽仕事に行かなきゃいけなくなり
急いで仕事に向かいました。
付き合わせちゃってホントに悪かったな・・
ごめんなさい。
帰りの車でもずっと励ましてくれて・・
感謝の気持ちしかありません。

私に出来る親孝行は治療して治すことしかありません。
できることをしっかりとやっていきたいと
改めて思いました。




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-09-09 20:00 | 独り言 | Comments(0)

大学病院を受診する4

9月9日(金)その2

しばしの沈黙の後、父が口を開きました。

父 「仕事の基盤といいますが・・息子は転勤が多いですし、今の場所も
   まだ来て半年しか経っていないですし・・
   実家のそばにも支店がありますから、そこへの転勤の可能性も無い訳
   ではないので、そういう点も考慮してこちらの病院で治療をお願い
   しようと息子は考えたんだと思います。」

先生 「え?そうなんですか?てっきり今の自宅が基盤で移せないものと
    思っていました。でしたらウチで治療しましょう!」

父親の一言で、一気に話が進み早速この後、
いくつか検査を受ける運びとなりました。

父親はとても冷静で賢い人で、今まで色々なことを相談したりして
助けられたことが多々あります。
普段あまり話すことはないですが、やはり頼りになります。
40にもなろうとしてるのに、親に世話になりっぱなしで
情けなくなります・・・



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-09-09 13:00 | 独り言 | Comments(0)

大学病院を受診する3

9月9日(金)

前日の大学病院の治療方針を聞いて正直悩みましたが、
大学病院に入院して、抗がん剤治療を受けると決めて
父親と予約の時間の少し前に来ました。

少し待って中に呼ばれると、昨日と同じ説明を少し
父親に対してしてくれましたが、そこからは
昨日と少し様子が違う・・

先生「紹介状の内容を、その他の医師も含めカンファレンスをしました。
   仕事の融通等を考慮したり、住んでる場所も考慮すると
   うちの病院で治療を受けるよりも、仕事場も近くにあって、
   自宅近くの病院で治療を受けた方がいいのではないでしょうか?」

私 「どうしてですか?」

先生「この先、明確なことは言えない病気なので、仕事を辞めなければ
   ならないことになるかもしれないし、続けながらで大丈夫かも
   しれない・・。手術になってその後も仕事を休むことが多くなる
   ようになってしまうかもしれない・・
   とにかく不確定要素が多過ぎて、治療中心で考えると基盤のある
   勤務地のそばの方かいいのではないか?という提案です。」

しばしの沈黙・・・




にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-09-09 12:00 | 独り言 | Comments(6)

大学病院を受診する2

9月8日(木) その2

大学病院側の診断としては、大腸の腫瘍も大きいし、
腸閉塞になったりするのも怖いので
早めに治療を受けることが望ましいと言って、
この大学病院で治療を受けるか、今働いているところの近くの病院で
治療を受けるかすぐに判断をして欲しいと言われました。

治療方針としては、リンパ節の腫れが大きいので、改めて検査してみないと
なんとも言えないが、今すぐ手術というわけにはいかず、
抗がん剤治療をして、リンパ節の腫れがひいたところで
手術をすることになると思います。とのことでした。

前の病院ではすぐに手術した方がいいと言われていたので
そのつもりで来ていたし、急に抗がん剤治療と言われて
すぐにはいと言えなかったし、父親とも相談したかったし
高校の同級生にももう少し相談したかったので・・
明日返事するようにお願いしました。

実家に戻って、高校の同級生に連絡して相談して
仕事から帰った父親とも相談して、やはり実家のそばの
大学病院で治療を受ける。すなわち抗がん剤治療を受けるという
選択をすることにしました。
次の日の病院には父親が付いてきてくれることになりました。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-09-08 19:30 | 独り言 | Comments(0)

大学病院を受診する

9月8日(木) その1

実家のそばの大学病院に紹介状を書いてもらっていたので
それを持って、朝から一般外来で受診しました。
母も一緒に聞きたいとのことだったので、付いてきてもらいました。

2時間以上待って、やっと呼ばれました。
予約を取っていないとやはり大学病院はこうなりますね・・

とりあえず、一般外来で受診していますので
先生の名前も診察室には書いておらず、
中に入って先生の自己紹介から始まりました。
年齢的にも若く見え、少し年下かな?という印象でした。

紹介状からCTのデータや、大腸内視鏡の写真を見ながら
手書きのイラストで、私と母親にわかりやすいように説明してくれました。

診察内容は、以前行った総合病院で聞いた内容とほぼ一緒で
かなり高い確率で大腸がんでリンパ節も腫れてしまっているので
転移も考えられます。といった内容でした。
母は医者から説明を受けて、改めてショックを受けてる様子でした。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村
[PR]
# by sh7712301 | 2016-09-08 13:00 | 独り言 | Comments(0)