遺伝子検査の可能性

9月2日(土)

今日は、普段通ってるメインの病院に
遺伝子検査についての説明を聞きに
行ってきました。

普段診てもらってる先生ではなく
がんセンターと繋がりの強い?
先生に説明をしてもらいました。


まず初めに、治験の在り方などを
色々と教えて頂いたりしました。

スクリーニングをしても、
実際の治療に入れる患者さんは
現状ホントに少ないそうです。

遺伝子検査をしている病院は
日本で数ヶ所あるみたいですが
検査は保険が効かないので
相当な金額が掛かるにも
かかわらず、それが治療に
結びつかないこともあるそうです。

がんセンターの遺伝子検査の
良い点としては
検査手法が一定していて、
検査の精度が間違いないことと
治療に繋がる遺伝子検査である
ということみたいです。

今すぐやれる治療ではなくても
遺伝子に異常があって、
将来的にやれる治療があれば
それを教えてもらえるという
メリットがあるそうです。

(※拙い文章で誤解を生むような内容で
あれば申し訳ありません・・)

受診方法としては、
現在の状態をCDで持っていくのと
手術で取った癌細胞を持っていって
検査をして頂くようになるそうです。
そこから遺伝子の検査に1ヶ月程度
掛かるそうです。

説明を一通り聞いて、
がんセンターで遺伝子検査をしてもらう
段取りをして頂くことになりました。

費用は掛からず検査が出来るとのこと
なので、安心しました・・・

とにかく、なんでもやれることは
やっておくに越したことはないはず・・


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 腹膜播種へ
にほんブログ村
[PR]
by sh7712301 | 2017-09-02 22:00 | 独り言